東京・三軒茶屋にあるギャラリー世田谷233のブログです。
<< June 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
『くまのパディントン展』ミュージアム・ギャザリング

Bunkamura ザ・ミュージアムで開催されている『くまのパディントン展』。社会派コント集団「ザ・ニュースペーパー」のメンバーとして活躍されている福本ヒデさんをゲストに、ザ・ミュージアムのスタッフのみなさんと一緒に『ミュージアム・ギャザリング』を開催しました。
※『ミュージアム・ギャザリング』は美術館で展覧会の感想を語りあい、アートの読み解きを楽しむプロジェクトです。
 


・日時: 2018年6月12日(火)

・ゲスト:福本ヒデさん(芸人/ザ・ニュースペーパー)

・参加者: ギャザリングスタッフ(鳥屋めぐみ、佐藤友里江、中根大輔



鳥屋:いつもザ・ミュージアムの展覧会をご覧いただいてありがとうございます。今回の『くまのパディントン展』いかがでしたでしょうか?
 

ヒデ:そもそもパディントンについては名前を知っている程度だったので新鮮でした。うち(ザ・ニュースペーパー)のメンバーやスタッフにも聞いてみたんですけどほとんど知らなかったですね。特に男性は(笑)。僕なんか“くまの〜”って来たらやっぱり黄色い方が思い浮かんじゃう(笑)。
 

中根:はちみつ好きとママレード好きもちょっとかぶってますしね(笑)。僕もパディントンに関しては、名前を聞いたことがあるぐらいの知識で、“パディントン”の名前が駅名だったのも初めて知って驚きました。
 

ヒデ:だからお話の内容が気になって、展覧会を見る前に児童書のパディントンの本を買いましたよ(笑)。そしたらストーリーもすごく面白いし、とにかく挿絵がよかった。あんまり描き込んでいなくてシンプルなんです。パディントンも線だけで表現されているし、パディントンと暮らすブラウンさんも顔がおぼろげではっきり見えない。それって見る側に想像する余地を残してくれているんだと思うんですよね。絵本ではないので、どちらかというと絵よりも物語がメイン。挿絵からいろいろと想像することで、見る人によってそれぞれのパディントンが存在するんだろうなって。展覧会では挿絵もたくさん展示されていましたが、いつも見ている絵画が中心の展覧会とはまた違った感覚で見られました。

 


(カタログを楽しそうに眺める福本ヒデさん)

 

鳥屋:おっしゃるとおりですね。いろんな作家さんがパディントンのヴィジュアルを手がけているのもこのシリーズの特徴ですが、特に児童書の挿絵を描かれたペギー・フォートナムさんのパディントンはシンプルです。絵で何かを伝えるというより、想像力を掻き立てる感じです。
 

ヒデ:今回4コマ漫画が展示されているのを知って、まずそこから見たんですけど、本当にストーリーが楽しいですよね。「ママレードお大食いコンテスト」は結構自意識過剰ですし(笑)、「ポスターはりを見ながら」なんか哲学的で考えさせられますよ(笑)。全体的にイギリスらしいジョークが効いてますね。パディントンのことをあんまりご存じない方はこのコーナーから見るのがオススメです。

展覧会会場で気づいたんですけど、作品を見ながら微笑んでいる方がいらっしゃるんですよ。もちろん、パディントンを知っていて、かわいいなとか懐かしいなとか思っている方もいるんでしょうけど、単純に物語やパディントンの行動を見て楽しんでいる方も結構いらっしゃるんじゃないでしょうか。
 

鳥屋:それは本当に嬉しいです。パディントンの振る舞いや考え方って愛着がわきますよね。すごく人間っぽくて、私たちの近くにいる感じがします。だから男性のお客様も結構多いんですよ。


(左が今回の展覧会担当の鳥屋さん、右がスタッフの佐藤さん)



ヒデ:パディントンってどこか正義感が強すぎるところがあって(笑)、すぐに本音を言っちゃうんです。物語の中でも好き嫌いをはっきり言うし、買い物のときにもクレームをつけたり値切ったり(笑)。特に日本人だとなかなか言わないし、言えないようなことも平気で言うんです。それでいて最後は何とかなっちゃう(笑)。そこが楽しい。
 

中根:ポジティブな世界観がいいですよね。でも会場内で流れていた原作者のマイケル・ボンドさんのインタビュー動画を見ると、彼の戦争体験がパディントンのベースにあることがわかります。だからこそ「このくまは幸せな家族に引き取られる設定」なんだと。それを聞いた時に、パディントンに対する見方がガラッと変わりました。パディントンはハチャメチャな部分もあるけれど、彼が元気に活躍していること、それを周りの人が受け入れていること、それ自体が幸せなことなんだなと。だから見る方も癒やされる。
 

鳥屋:実は今回の展覧会も、きっかけのひとつとしてマイケル・ボンドさんの戦争体験の話に深く感銘を受けた新聞社の方が企画を立ち上げられたんです。
 

ヒデ:確かにすごく深い部分もありますよね。ただいろんな物事に巻き込まれるだけではなくて、自分から進んで関わっていく積極性もある。だから単純に真っ直ぐなだけの主人公じゃないと思います。全く知られていない土地からやってきた設定もありますから、例えば他の国の人たちから見たら、遠くの国からイギリスにやってきて活躍する、ある種のヒーローに見える部分もあるのかもしれませんね。みんなの”代役”みたいな部分もあるからこそ、世界中の人々から愛されるのかなと。
 

中根:ヒーローって大きな意味で捉えると、何も正義の味方だけじゃなくて、とにかくいろんなことをやってみんなに注目される存在も一種のヒーローですよね。
 

ヒデ:パディントンのような個性的なキャラクターって、例えば日本のマンガやアニメでも、すごく仲のいい少年が主人公でいて、その子のそばにずっといるっていうような設定が多いと思うんですよ。で、その少年と友達たちとの関係の中で物語が展開する、みたいな。でもパディントンは、普通の家族と一緒にいるんですよね。日常の過ごし方もごく普通(笑)。散歩したりお茶をしたり。だからとにかくいろんな人と関係があるし、みんなに愛される。そういうメッセージも含まれているんじゃないかと思います。
 


中根:展覧会会場もいろんな立体物が多くて楽しかったです。アニメに使われた小道具を見られたのも貴重ですし、骨董屋のグルーバーさんのお部屋を再現したのも面白かった。まさにパディントンの世界にいるような感覚ですね。
 

鳥屋:グルーバーさんのお部屋を制作する際には、パディントンのぬいぐるみを置こうかという意見も出たんですが、それよりも“今までパディントンがそこにいた”という雰囲気を出す方向にしました。みなさんの想像や心の中にその人だけのパディントンが存在してほしいなと。そこはちょっとこだわったところです(笑)。
 

佐藤:あと、パディントンを知らない方はもちろんですが、よく知っている方にも楽しんでいただけると思います。例えばパディントンシリーズの生みの親であるマイケル・ボンド氏が使っていらっしゃったタイプライターもその一つ。あれはマニアの方にも喜んでいただけると思います(笑)。
 

ヒデ:そういう意味では、今回の展覧会は、普段美術館であんまり見かけないお客様も多い気がしましたね。お子様連れの方とか、デートで来ているようなカップルとか。有名な絵画がメインのような展覧会よりもリラックスした気分で入れるのかもしれません。美術館に行くいいきっかけになりますよね。こうやってもっといろんな方に美術館に足を運んでいただきたいです。
 

中根:このミュージアム・ギャザリングも、もっと気軽に美術館に行こう、美術館に行くと楽しいよ、ってことを伝えるためにやっているんですが、ヒデさんがやっていらっしゃる美術検定とか、アートエバンジェリストの活動もそういうことですよね。
 

ヒデ:そうなんです。アート、芸術、っていうだけで構えるんじゃなくて、もっと軽い気持ちで見てほしいんです。お目当ての作品を見に行くのもいいですが、「時間が空いたから、ちょっと絵でも見よう」、でいい。そうやってアートに触れることで人生が豊かになると思うんですよね。そう考えるとザ・ミュージアムが渋谷にあるっていうのがあらためてありがたいです。今回の展覧会を見ると、パディントンを知っている人も知らない人も、パディントンの楽しさ、深さにハマると思います。あと、絶対ママレードが食べたくなります(笑)。
 


(中根も一緒にフォトスポットで撮影していただきました)


・Bunkamura ザ・ミュージアム『くまのパディントン展』は6月25日(月)まで!

・『ザ・ニュースペーパー』結成30周年記念全国公演実施中!



<編集後記>
パディントンの世界観にこれだけしっかり触れるのは初めてでしたが、さまざまなアート、芸術に触れられているヒデさんならではの視点と楽しいトークで、たくさんの気づきがありました。ここにまとめた内容以外にも、いろんなテーマで盛り上がり、1時間にわたる楽しいギャザリングとなりました。ヒデさん、鳥屋さん、佐藤さん、ありがとうございました。みなさんも『くまのパディントン展』にぜひっ。そしてみんなで感想を語り合いましょう!


<追記>

ギャザリング中にみんなでいただいたのが、Bunkamuraのレストラン「ドゥ マゴ パリ」で提供されているママレードをプラスしたアイスフロートのオレンジエール。『くまのパディントン展』とのタイアップメニューで、展覧会開催期間限定だそうです!ママレードの爽やかな甘さが美味しゅうございました。

(文/写真:中根)

ゴッチンさん!ワークショップ授業

233オーナー・中根は渋谷の専門学校日本デザイナー学院で講師を務めております。企画やデザインなどの授業を担当していますが、「セッション」と称した授業では、233つながりでいろんな方にゲストでお越しいただいています。

 

今回は、233で個展「ゴトウヨシタカ フィルム写真展 "JACKETS"」を開催中のロモグラファー・ゴトウヨシタカ氏にお越しいただき、ロモのインスタントカメラにて多重露光ワークショップを開催していただきました。

 

まずは、ゴトウヨシタカ氏=ゴッチンさんについて知るために、プロフィールから現在までの活動、今まで撮影した作品について雑談形式でお話しいただきます。カメラを始めたきっかけ、ロモグラフィーについて、作品作りにおける哲学、アナログの魅力などなど。

 

ゴッチンさんの作品をスライドショーで拝見。フィルムで撮影され、デジタル処理を一切していない作品に一同驚愕。

「デジタル一眼も少しかじったけど、誰が撮ってもそれなりにきれいに撮れちゃうのがつまらない。人と違うことをやりたかった」という言葉に学生たちもグッときます。また今までの活動において参加したコンペやグループ展、個展など、クリエイターとして自分の作品を広めるためにとってきた”戦略”についてのお話は、学生たちも自分ごととしてしっかり聞いていました。

 

質疑応答も交え、学生たちとの距離も縮まったところでワークショップのために機材と技法について説明。使用するカメラはロモのインスタントカメラ。このカメラを使って多重露光撮影を行います。ちなみにこの赤いカメラは、ゴッチンさんがロモのコンペで入賞された際の副賞(スペシャルバージョンなので一般販売はされていません)。ゴッチンさんは世界中のロモのコンペで入賞されているんです。

 

 

 

スマホでの撮影に慣れている学生たちもアナログカメラには興味津々。多重露光をより活用するためにつけられたフィルターについても学びます。これでどんな写真が撮れるのかまだまだ未知数の状態。でもすでにみんな楽しそう。

 

 

ということで近所の公園へ。今日撮影するいろんなパターンをレクチャーしていただきます。2つのチームに分かれて早速撮影開始。

 

 

 

 

多重露光撮影によってこんな写真が撮れました。ほんの一部ですがご紹介。

 

 

天気もよく、みんな思い思いに多重露光撮影を楽しんでいました。多重露光はシンプルな技法ですが、面白い写真を撮るためには企画力、アイデア力が必要となります。また失敗もありますが、その失敗からその場でしっかり学ぶことも重要です。

「失敗した作品をしっかり見ることが大事。そこから学べることがたくさんある」というゴッチンさんの言葉。実は失敗した作品もしっかり”モノ”として残るアナログならではの考え方かもしれません。自分のあらゆる経験を価値あるものにするために非常に重要な考え方ですね。学生たちの心にもきっと響いたと思います。ゴッチンさんありがとうございました。みんなお疲れ様。

 

 最後の写真は多重露光ではない普通の記念写真です。

 

写ルンです!

233ではレンズ付きフィルム(使い捨てぢゃないよ)、みんな大好き『写ルンです』の販売30周年(2016年7月〜)記念イベントとして、富士フイルムイメージング株式会社さんとコラボさせていただいております。

・『Gallery233×写ルンです』:https://233film.jimdo.com/

 

富士フイルムさんも気合を入れておりまして、公式サイトも盛り上がっております。

・写ルンです 30thアニバーサリー:写ルンです「Life」

 

で、当方サイトでは、233の企画や、233つながりで20名近いクリエイターさんに『写ルンです!』で撮って遊んでいただくなど、いろんな方といろんなことをやっております。233企画では、12名がそれぞれ1ヶ月担当し、一年間毎日写ルンですで撮影するという企画『写ルンですで一日一枚2016』をやりました。大変でした。

 

諸々の企画は現在進行中。写ルンですの楽しさを少しでも多くの方にお届けできればと思っております。『クリエイターズ』企画ではこんな方々に参加いただいています。

 

四谷アウトブレイクの佐藤店長(黄色メガネ)。→作品ページ

 

脱力★キモノ部主宰のコヤナギアイコさん(中央)。→作品ページ
 

 
 
 
ちなみに個人的には、写ルンですでこんな写真を撮っております。

 

みなさんもぜひ。

『世田谷アートフリマVol.27』開催しました

4月22日&23日に、三軒茶屋キャロットタワーで『世田谷アートフリマ』を開催しました。たくさんのご出展、ご来場ありがとうございました〜。

 

『世田谷アートフリマ』は世田谷区の協力を得て開催している手作りアートの”のみの市”。会場はこんな感じです。写真は4F。3Fと5Fもあります。飲食ブースも充実しています。毎回出展いただいている、ラヂオ焼きがうまいっ。

一応、イベントの代表者として取りまとめをおこなっていますが、それ以外にも、会場内でのアート展示『プチつながり展』を開催したり、専門学校や大学生たちと一緒にワークショップを企画したり、いろいろやっております。

 

今回の『プチつながり展』では、漫画家・小田ひで次さんの生原稿を展示。シルクスクリーン作家のモリヒロミさんも新作展示。さらに233でも人気のネコのおみくじ”にゃみくじ”を出張展示。多くの方にご覧いただきました。しかし、みなさんおみくじ好きですなあ。

 

こちらは教え子の専門学校生たちによるカフェブース。メニューからブース作りまですべてまかせております。写真は全員1年生。普通の専門学校ならまだオリエンテーションの期間ですが、中根が講師を務める日本デザイナー学院は超実践教育。でも1年生でもここまでやれます。写真からは若干やらされている感も漂いますが..。

 

3Fは主にモノ作りが体験できるワークショップスペースなので、いろいろワークショップも企画。今回は理想科学工業さんにご協力いただき、シルクスクリーンでランチバッグにプリントするワークショップも開催しました。二日間で70名を超える大盛況っ。スタッフのみなさん、お疲れ様でした。

 

 

デザインは『アルテ・テ』さんにお願いしたオリジナル。世田谷の豪徳寺はたくさんの招き猫が奉納されていることで有名。ということで、かわいい招き猫を3種類。このニャンコちゃんたちでグッズ作りたいなあ。

レコード!バッグ

233と作家さんのコラボレーション企画『レコードバッグ』。いろんな作家さんに”音楽”をテーマにイラストを描いていただき、レコードバッグにシルクスクリーンでプリントしたアイテムです。

まあモノは普通のトートバッグなんですが、レコードバッグの方が言い方がかっこいいかなと思って。もちろん、実際にレコードを入れていただきたいので、サイズや使い勝手にはこだわっています。

 

そんなある日、レコードバッグの第2弾として参加いただいた、イラストレーターのモリヒロミさんが233にいらしたので、ブログ用にモデルになっていただきました。通販ページにも写真はありますが、実際に使っていただいている写真を載せた方が、質感やサイズ感が伝わりますからね。

 

 

モリさん、シャイな方なので、遠目からお願いしますとのこと。

 

..ちょっとわかりづらいですか。

 

お願いしてギリギリまで寄らせていただきました。

 

 

 

ショルダー、手提げ、どちらでできるタイプです。内ポケットもありますので使いやすいです。ぜひ〜。

 

→商品ページ:【 レコードバッグ 】

ベニヤマさん!現る

233では作家さん同士のコラボもたくさん生まれています。

 

中でも一番人気なのが”パラサイト帯ケモノ”シリーズ。和装の際に帯に付けていただくアクセサリー。

製作:なめくじソルトと百日咳さん、協力:コヤナギアイコさん+233のコラボ作品。

 

こんな感じです。写真はクロダさん。この超ド級インパクトっ。

 

で、その最新作がこちら(写真撮影:コヤナギアイコさん)。

 

コヤナギアイコさんとつながりのある、紅若菜さんの染めた紅型生地を使用した新種の”帯ケモノ”。その名も『ベニヤマ』さん。紅型の文様がいい感じで入っている和風な帯ケモノです。

 

コヤナギアイコさんが今週末に出展される大阪のイベント『サランキモノ市vol.4』で本邦初公開っ。詳細はアイコさんの→ブログからどうぞ。関西のみなさま、よろしくお願いします。

 

 

ちなみにお二人とも、ボックスでもいろんな作品を販売されています。例えば、コヤナギアイコさんは、こちらのカメレオンのイヤリング。樹脂粘土による作品です。

 

なめくじソルト百日咳さんは、”なめくじ”モチーフのピアス。左に写っているのは、ちょっと写真ではわかりづらいかもしれませんが、パラサイト帯ケモノの初代、ヤマダくんの極小ピアス。レアアイテムです。

 

お二人とも他に類を見ない個性的な作品を作られていますが、いたって普通の女子です。多分ですが。あっ、パラ帯ケモノはヒモで結わえて固定するタイプなので、和装以外にもぜひ。通販でもお取り扱いしております→『パラ帯

 

卓上カレンダーいかがでしょうか

小桜森さんの卓上カレンダー、1月始まりですが、4月になったということで300円に値下げされました。こ、こ、これはめっちゃお得です。まだ、8ヶ月以上使えますからねっ。

 

 

...失礼いたしました。

 

 

こちらでスタンバイしております。

ご購入はこちら(卓上カレンダー)からどうぞ。

 

ふたしかなその日とは

写真家・鷲尾和彦氏が参加している写真展『Seize the Uncertain Day – ふたしかなその日』を観てきました。

 

同写真展は東京藝術大学の学生さんがキュレーションを行った写真展。長谷川祐子教授による「アートプロデュース演習」授業の一環だそうです。

 

 

会場の1Fと2Fでガラッと雰囲気を変えたり、写真、映像、インスタレーションなどを混在させたり、しっかりキュレーションされているのが伝わってきました。

鷲尾氏の作品は写真集『To The Sea』からの数点+アルファ。写真展示も写真集も何度も観ているけど、やっぱりいい。

 

 

 

帰りはロモグラフィージャパンのショップに寄るため、アーツ千代田3331に。

 

 

 

入り口にはアーティスト・村上愛佳さんの展示”自由な女神”が。

 

 

なんだかんだ、ロモさんのショップが秋葉原に移転されてからは初訪問。やっと来られました。月・火定休とのことで、当日は火曜日だったので、お店には入れませんでしたが、全然問題ないです。マジで問題ないです。

 

鷲尾和彦氏の写真集はコチラから。『To The Sea』『極東ホテル

233.TOKYOはじめました

233 Online Shop リニューアルしました。

ドメインも”233.tokyo”になりました。

今まで以上に楽しい作品をたくさんアップしていきます。

作品ページ以外にもいろいろお伝えできるスペースがあった方が

いいかなあと思い、ブログも始めてしまいました。

よろしくお願いします。